映画『フォードvsフェラーリ』

映画のこと - - la-malama
2020年に入って
映画館で映画を見たのは
2本目です。

昨年は、
ほとんど行くことができなかったので、
幸先のいいスタートです。


1本目は『スターウォーズ』でしたが、
感想を書きたい・・・までは行かず(汗)


その『スターウォーズ』の本編前に流れる
予告で興味が沸いたこの作品
『フォードvsフェラーリ』を
早速見て参りました。




映画館に行く方は
次に見たい映画は本編前の
予告で決めると仰る方も多いのです。

最近はインターネットで
さまざまなバージョンの
予告をチェックすることができますが、
やっぱり本編前の予告も
しっかりした宣伝効果になりますね。


結婚当初、主人が乗っていた車は
フォードの車だったので、
必然的に私もその車を運転していました。

私の運転中にファンベルトが切れたり、
主人は高速で煙が出たり
びっくりするトラブルも多かったのですが、

今となっては「フォード」と聞くと
親近感が沸いてしまいます。


私はこの映画に対して
「フォードがフェラーリに勝つぞ〜!」
というお気楽でコミカルなものかと
思っていましたが、
もっとディープで真剣なものでした(笑)

主人は車好きで、
昔はル・マンの24時間耐久レースを
見ていました。

そして、
この映画は「実話」であることも知っていました。
(私は完全に抜けていました・・・)


上映時間約3時間という
かなり長い映画でしたが、

・フォードが2人の男と関わるまで
・フォードがレースでフェラーリに勝つまで
・2人の男のその後

をしっかりと描きたかったのだと思います。


車のデザインは
フォードもフェラーリも
忠実に再現されていたそうで、
主人は喜んでいました。

レースシーンは
大画面で見るのが
迫力もあってよりリアルに感じると思います。

この映画は
映画館で見るのに最適な
作品だと思います。


La Malamaホームページ
お申込み・お問い合わせはこちら
Me Ke ALOHA 上杉真弓
  • 2020.01.11 Saturday
無料ブログ作成サービス JUGEM

スマホ表示に切り替え