ピンヒールを買ってみた

普段のこと - - la-malama
色々なところで
冬のセールが始まりましたよね。

週末に近所のセール会場に行ってきました。

そこで一足の
ピンヒール
劇的な出会いをしました!


(実際は黒を買いましたが、
お店がわかると悪いので、イメージです)


私は外反母趾タイプで
足の形が悪く、

ローファーなどの革靴でも
仕事場に着く前に
捨てたくなる激痛に悩まされることも
一度や二度ではありませんでした。


でも、そこで出会ったヒールは、
試着した瞬間


生まれて初めて
どこも痛くありませんでした!

さすが、Made in Japan
に感動して購入を決意


お値段もびっくりするような
素敵価格でした。


主人に「最高にいい靴に出会った」
見せたところ、
かかとにキズを見つけてしまいました。

靴の修理屋さんにお願いすれば
きれいに貼り直してもらえますが、
そのくらい目立つ傷なのです。


「同じサイズで在庫ないか聞いてくる」
と、定員さんに話してみたところ

在庫はなく、
「この傷ではお売りできない位です」と。

素敵価格なのは、
傷モノだからではないので、
お店側としてもこれを売るのは難しいと。


ちょちょちょちょちょ


人生初の痛くないヒールに
出会った私にとっては
ここで引き下がるわけにはいきません(笑)

「直せばきれいになるのだから、
値段の交渉ができれば、全く問題ない」

「このヒールを試着した瞬間
猛烈に感動した」

と精神論までお伝えましたが、
お店側としては、
販売前の傷モノ商品は
「売らない」選択に至るそうです。


お待ちくだせ〜!


上杉、汗だくです(笑)


あたしゃね、
この子を連れて帰りてぇんだよ。



既にとんでもない破格だったので、
店員さんに「あたしゃ、何も見ていない」
と言い切って、購入しました。

確かに今は大きな傷がありますが、
ダッシュしても痛くならないと
断言できるピンヒール

大切に使っていこうと思います。


La Malamaホームページ
お申込み・お問い合わせはこちら
Me Ke ALOHA 上杉真弓
  • 2018.11.19 Monday
無料ブログ作成サービス JUGEM

スマホ表示に切り替え