前世セラピーを受けました

家族・お友達のこと - - la-malama
今日はつくばで
心色彩(ココイロ)ルナさん
前世セラピーを受けました。

福島のいわきから
阿部広美さんもいらして、
大好きな二人との再会。

それだけでも忙しかった毎日を
過ごしてきたご褒美になります。


(雨上がりの筑波山)

自分の前世でみたいテーマは
「私は占いをしていたのか」
ということでした。

私を昔から知る人、
そして親までも、
私が占いをするとは
想像もしていませんでした。

私も簡単に占い師として
デビューしたわけではありません。
「占い」の世界は決して甘くありません。
日々勉強が必要なのです。

ちょっと前、
美容院SOL.Aのkacoさんに

「でも真弓さん、
何百年も前の記憶を
思い出すだけでいいんですよね」


って言われたことが
とても響いていたのです。

だから、今回は
占いをする自分を見たい!
と思ったのです。

前世セラピーで見た私です。

---------------------------------------

古代の砂漠地帯に私はいました。
黒髪の男性です。

茶色い砂の世界に裸足の私一人。
手には、石製の器とサイコロ。

場面が変わって私は
土に棒で穴を開けて数を数えていました。
それで「おぉ〜」っと感動しているのです。

ご存じの方はもうおわかりですよね。

私は
ジオマンシー占い(土占い)
をしていました。


私がこのリーディングに入る前は
タロットの世界について考えていたので
この場面が来るとは思ってもいませんでした。

とにかく、私
楽しそうにずっと穴を開けて数を数えて感動して、
穴を消してまた・・・。

繰り返して極めるところは
数秘の世界で探究精神のある「7」の気質が
出ています。

更に場面が変わり、
タロットの情景と重なり始めます。



私は大アルカナ4「皇帝」のカードのような
偉い人の前に跪いています。

そして、皇帝の前に
大きなペンタクルのマークを描いてから
ジオマンシー占いをしました。

皇帝は大変喜んでいます。
皇帝が喜ぶ姿を見て私も喜んでいます。

ただ私は、そのわずか4年後
ソード4の光景のように
教会の中で眠りながら
その生涯を終えたのです。
(実際のソード4のカードの意味に死はありません。)

荷の重い役割に
相当疲れていたようです。

私は前世の旅を終え
今の世界に戻ってくる時に
ガイドさんに会いました。

ガイドさんは、
ある俳優さんでした。

その俳優さんが声優をされた
アニメのキャラクターに変化し
私にくれたプレゼントは

タロットカード
でした。



ライダー版の一般的なデザインは
写真左のように白い縁があるのですが、
私がもらったカードは
写真右の、縁がないカードなのです。
(このカードは今年買って使っていませんでした)

しかも、箱から開けると
カップの3が目の前に。
(家で確認したら、箱の裏が
このカードのイラストで鳥肌が立ちました)


キャラクターさんは
タロットデッキを広げて
「ほれほれほれほれ・・・」って
カードのイラストを見せてきます。

私は、いただいたデッキを手にして
キャラクターさんにお礼を告げると、

キャラクターさんの中から
また俳優さんが出てきました。

もう、その方に用がなかったので、
そのまま手を振ってお別れました(笑)

「え?いいの?帰っていいの?」
その俳優さん、目と鼻を広げながら
帰っていきました。

---------------------------------------

広美さんは、私とは違った世界を
旅されていたのですが、
まず、飛び出した言葉は

「面白かった〜!」

音のない世界でしたが、
情景がはっきりと見えました。

私はやっぱり
ずーっと昔の記憶を
思い出すだけでいいんだ。


ただ、私は
あの頃より長く生きたい
そして、もっと
身近で大切な人を占いたい
という希望を持っていたことを知りました。

今生でも、占いの世界に出会い
それを使うことは
必然の流れだったのですね。

ガイドさんがくれた
タロットカード
今度、早速使おうと思います!


不思議だけど
とっても楽しい旅でした。



ルナさん、ありがとー!!!

前世セラピスト 心色彩ルナさんの
ホームページ
記憶の森と旅する前世


La Malamaホームページ
お申込み・お問い合わせはこちら
Me Ke ALOHA 上杉真弓
  • 2017.11.24 Friday
無料ブログ作成サービス JUGEM

スマホ表示に切り替え