私の火星さんとお月さま

占星術のこと - - la-malama

年末を機に
自分のことを振り返る機会が
多くなっております。

先日、私の占星術の師匠
阿部広美さんが東京にいらした時に
じっくりと占星術を
見ていただきました。

広美さんの占星術は
とっても深みがあるので、
真剣に自分と向き合いたかったのです。

私の出生ホロスコープは
火星と月が
180度の線で結ばれています。

火の女神ペレと
月の女神ヒナはイメージです♪

この角度は
お互いの手を取り合って
くるくると
回ることができればいいのですが、


今の私はどちらかというと
綱引き状態
のようです。

それは、合わせてやっていただいた
TCカラーセラピーの
「価値を見つける14色の質問」
というワークをしたことで
広美さんが指摘して下さいました。

やりたいことと
今不安に思っている内容が
全然違うよね


周りの期待に応えることを優先して
自分の気持ちを後回しにしているのです。
納得できない状況を
無理して受け入れようとしているから
「悔しい」という気持ちに
縛られて抜け出せていないのです。

これ、昨日のブログの内容にも
似てしまうのですが、
私自身に正直でいられていないのですね。

だから、満たされない気分が
綱引きにつながるのです。

勇ましく綱引きをする姿も
かっこいいかもしれませんが、
手をつないで回ってくれる方が
その顔は絶対に笑顔になるので、
私自身生きやすいと思います(笑)

広美さんから、
そのことをしっかりお伝えいただいた後、
私の時期的な流れなど
ホロスコープを通して
更に深いお話を伺いました。

天体の流れに乗るだけではなく、
今、私ができること。

私の火星さんとお月さまに
手を取り合ってもらうために
広美さんから
セルフカラーセラピーの
宿題がありました。



カラーセラピーはできたのですが、
私の中でまだ宿題は
完結していないのです。
やりたいことがあります。

このお話は
もう少ししてから♪


La Malamaホームページ
お申込み・お問い合わせはこちら
Me Ke ALOHA 上杉真弓
  • 2016.12.20 Tuesday
無料ブログ作成サービス JUGEM

スマホ表示に切り替え