PayPayの審査で落ちた時のこと

普段のこと - - la-malama
先日、PayPayお友達紹介キャンペーンの
ボーナスが入金されました。
私は紹介してもらった側です。

一度審査に落ち、
再審査申請を電話で行ったとき、

加盟しているお友達がいるかを問われ
らむちゃんに以前声をかけてもらったので
名前を伝えたところ
紹介という扱いになりました。


キャッシュレスを本格化したいと
考えた時に、初めは
インターネットで申し込みました。

同時に、ジャパンネット銀行の
口座も開設申請するまでの気合っぷり。

ジャパンネット銀行は
『PayPay入金のため』という目的で、
ビジネス口座を作りました。
その時に、確定申告時のデータを
添付することで、

その他の確認もなく
口座開設まで無事に進行しました。



でも、PayPayは、
一度審査に落ちました・・・



インターネットからの申し込みの場合、
メールで写真などの確認依頼が届き、
取り急ぎ返答するも、約1週間後
全く同じ定型文の確認メールが届きました。

「即返答し、写真も送ったのに、
なんで同じ質問を?」

と思うわけです。

足りないもの、欲しいものを
明記していただかないと・・・
と、穏やかじゃなくなるわけです。

キレッキレ状態になってしまい、
「意味が分からないので、
再度添付したものでダメなら結構です」
という文言を付け加えたら、

翌日
スパッと

スパッと!

瞬時に落ちました(笑)


落ちた瞬間は
仕方ないな。
とか思いました。

でも、
開業申請もし、
毎年確定申告もし、

個人事業主ではあるものの
収支の管理も怠っていないこの私が
なんで通らないの?


と疑問に思うわけです。

しかも、
ジャパンネット銀行!
ってなるわけです(笑)


そこで、PayPayの電話で
オペレーターさんと会話しながら
再審査という形で申し込みをしました。


私はリボンレイ教室や
カラー・占いの教室開講が目的でしたので、
「教室」での申請に誤りはありません。

何故審査に通らなかったのかは
教えてはいただけないので、
明確ではありませんが、
私が提出していた写真が
審査内容に沿わないものだったのかもしれません。

(だって要求されているものが
よくわからなかったのですもの・・・)


特に、「教室」での申請時、
PayPayは月謝の決済はできないので、
決済する内容は慎重に審査されるようです。


再審査時も確認のメールは来ましたが、
必要なものが明確に書かれておりましたので、
キレることなく返答することができました。

そして、インターネットで申請してから
約2か月を経て
加盟店になることができたのです。



もしPayPayの審査に
一度落ちてしまった方がおられたとしても
再審査で加盟できる場合もあります。

キャッシュレス化に前向きな方は
諦めないでくださいね。


La Malamaホームページ
お申込み・お問い合わせはこちら
Me Ke ALOHA 上杉真弓
  • 2020.02.17 Monday
無料ブログ作成サービス JUGEM

スマホ表示に切り替え