新しいランニングシューズ

スポーツのこと - - la-malama
今日は
天皇盃全国男子駅伝でした。

毎年全都道府県の男子チームが
広島を激走します。

自宅からすぐ近くがコースなので、
初めて7区(アンカー)の走りを
見てきました。


写真は
最後を走る白バイチームです。


トップ選手たちは
走りが静かで驚きます。

無駄な力みのない
水の上を跳ねるような
美しいフォームは憧れます。


さて、最近話題の
ナイキの厚底シューズ

この駅伝もかなりの選手が
履いておられました。


実は上杉、
先日
旧モデルを購入しました(´∀`)


主人とアウトレットに行った時に
売られていて
入荷したばかりとのことでした。

試しに主人の分を購入し、
なかなか面白いと言うので
2日後に私も買いました。


今回旧モデルを購入したのは
値段の話ではなく
最新モデルが足に合わなかった
からです。

私にとっては幅が狭く
足に違和感を感じました。


ナイキの厚底シューズが
禁止になるかも
なんて話が出ていますね。

う〜ん
どうなんでしょう?


世界を目指す選手の皆様は
自分の足に合わない とか
違和感を感じる 場合は
その靴を選ばないのではないでしょうか。

素人の私でさえ
そうするのですから・・・

もちろん選手の足に合わせて
作ってくれるでしょうから、
汎用品ほど違和感はないのかもしれませんけれど。


マラソンブームが始まった頃、
市民ランナーの皆様は
当たり前のように
アシックスでした。

でも私はどのモデルもしっくり来なくて、
フルマラソンに選んだ靴は
ミズノでした。

その後買った2代目のミズノで
靴ズレを起こすようになり、
ナイキやアディダスなどに移り、

最近は
ブログにも書いている
ズートとホカオネオネ
を履いていました。


今回シューズを手にしてから
2回試しましたが、
今までの感覚とは
やっぱり違うように思います。

素人なので、
説明できないのですけれど(汗)
順調に進むペースに
私の内臓が追い付かない感じです。


それでもこれが
足のどこかに当たるようであれば、
やっぱり買わなかったと思います。

選手の皆様も
ナイキのシューズで
快走できるのであれば、
是非その選択肢は残しておいて欲しいと
素人ながらに思ったりしました。


La Malamaホームページ
お申込み・お問い合わせはこちら
Me Ke ALOHA 上杉真弓
  • 2020.01.19 Sunday
無料ブログ作成サービス JUGEM

スマホ表示に切り替え