個人セッション

色々なこと - - la-malama
本当に年末なのしら。
と実感が沸かない年の瀬です。

ただ、猫たちが
いつも以上に甘えてくるのは
ゆったりとした時間を
過ごしている証拠なのかもしれません。


さて、
今年も個人セッションを
多くの方にご依頼いただき
ありがとうございました。


私の場合は
占い鑑定で皆様の抱える
モヤっとした思いに対して
整理するお仕事を
させていただいております。

皆様からの
「見えなかった光が見えた!」
とご感想をいただけることに
幸せに感じております。


ちょっと分野は違いますが
私はパーソナルトレーニングという形で
月に1度、個人セッションを受けています。

今年最後のトレーニングは
首が痛く「気乗りしない」
真っ最中の日でした。

お金を払って
「気乗りしていない」って
ひどいですね(笑)


でも、正直に話しました。
首が痛くて動けません!


実際に姿勢をチェックしてもらうと
右肩が下がり、
Tシャツの袖位置が左右で
びっくりするくらい不均衡でした。

もともとひどいO脚なのですが、
その日は、右足が外側に
湾曲していました。


本当はその日、
トレーナーは
運動機能強化についてのメニューを
考えていたに違いありません。


でも、見た目でわかるくらいの
運動する気の起きない体つき。

即、右全体の弱点補強プログラムに
変更してくださり、
首痛を和らげる指導になりました。

人間の体は不思議で
トレーニング中にも
すぐに姿勢が改善されていきます。
(その代わりすぐに歪むわけですが)

おかげで
あんなに「気乗りしない」
スタートだったのに、終わったら
Amazonでゴムバンドを注文するまでに
至りました。




何が言いたいかってなりますね(笑)

個人セッションという
「自分のための時間」を
購入する思い

強く実感できたのです。


私の場合も
個人鑑定のご依頼を受けても
どんなお話なのかは
当日まで伺うことはありません。

時間内にどれだけお客様を
満足させることができるか。


占い鑑定を提供する側には
スピリチュアル的な
見えない能力とは別に

現実的な対応力という
目に見える労力も
学んでいかなければなりません。


来年も皆様に
ご満足いただけるよう
知識を高め、柔軟性を養っていこう!
と非常にいい気付きを
得ることができました。


La Malamaホームページ
お申込み・お問い合わせはこちら
Me Ke ALOHA 上杉真弓
  • 2019.12.29 Sunday
無料ブログ作成サービス JUGEM

スマホ表示に切り替え