52枚のルノルマンカード

ルノルマンカードのこと - - la-malama
土曜日は
桜野カレン先生
ルノルマンカード講座に行きました。

前回はキャンセル待ちをして
行かれなかった大人気の講座が、
たまたま東京に来ているタイミングで
開催されるとのことで、

先日受講した
星と月の薬箱®講座の広美さんに
日程を調整していただいて
参加することができました。

巷で大ブレイクの
ルノルマンカードは
プチという36枚構成のものです。

そこに16枚の象徴が増えて
52枚となり、
難しくなるのだろうかと
少し心配しておりましたが、

ルノルマンカードの特徴である
象徴=意味
と連想できる法則は変わらないので、
本当に覚えやすいです。

例えば「猫」ってどんな生き物?
という問いかけに
気まぐれとか
(飼い主の)思う通りにはならない
って答えが出ませんか?

ルノルマンカードの意味はまさに
それ
なのです(笑)

だから、カードの意味を
叩き込んで覚える必要がないところが
使いやすく人気になるのだと思います。

使いやすいから占いも薄いと思ったら、
そうではないのです!(^^)
凄すぎて刺さりますよ(笑)


2つの展開法を教えてくださり
両方とも52枚が全て使われるものですが、
占い方は36枚の基本と変わらず
自分の周りにあるカードとの
組み合わせで読み解きます。

時系列に情景や感情など
物語を作っていくような工程が
とっても面白いですし、
私はこういうことに影響を受けているんだ
など具体的に表れて説得力があります。

52枚のルノルマンカードは
まだまだ種類が限られていますが、
そのうちどんどん増えていくのでしょうね。

あまりの楽しさに
36枚版、52枚版のデッキが
ますます増えていきそうで怖くなります(笑)

それだけ、ルノルマンカードの
楽しさと可能性を感じた講座でした。


La Malamaホームページ
お申込み・お問い合わせはこちら
Me Ke ALOHA 上杉真弓
  • 2018.06.20 Wednesday
無料ブログ作成サービス JUGEM

スマホ表示に切り替え